インフルエンザ検査が陰性でも陽性に変わることもある

急な高熱が出て、もしかしてインフルエンザかもしれないと病院で検査を受けてみたのに結果は陰性だったので驚いたという経験をした方もいるのではないでしょうか。
実はインフルエンザの検査をして1回目では陰性になり、その後陽性へと変化するという人は珍しくはないのです。

最近のインフルエンザの検査方法は非常に簡単にできるようになっており、鼻の穴に専用の綿棒のようなものを入れて鼻水を採取し、その中にインフルエンザの菌がいるかどうかということを調べます。
ところが、たまたまその採取した鼻水の中に菌が少なければインフルエンザということがわからず、陰性という結果が出てしまうことがあります。
特に急激に高熱が出てから検査をするまでの時間が短い場合には陰性になりやすいといわれています。
これは体内で菌が増殖しきっていないために検査にひっかからないからです。

高熱が急に出て検査をしたら陰性だったけれど、数日後にまだ改善されず、もう一度検査をしてもらったら陽性の結果が出たということも珍しくありません。
そのため、もし検査で陰性だったとしても診察をした時にインフルエンザである可能性が高いと考えられた時にはインフルエンザ用の薬が処方されることが多いです。

ちなみに鼻水で検査をするという方法を用いる理由としては、とにかく検査結果が出るまでが15分程度と短いからということがあります。
簡易的な検査であるため、血液検査ほど正確な結果を出すことは難しいとされていますが、血液検査をする場合、結果を出すまでに数日間必要になるのでインフルエンザの疑いがある時には向いていないのです。

陰性だとしてもインフルエンザの薬が処方されるかどうかは医師の判断次第なのですが、例えばその時期にインフルエンザが流行している地域である場合には念のために薬を処方しておくことが多いです。
人によっては菌が潜伏している期間も違っていたりしますので、最初の検査で陰性だったけれど症状が悪化したりする場合にはもう一度検査を受けてみるほうが良いでしょう。

インフルエンザ検査は症状がある程度出てからする

インフルエンザに感染してから潜伏期間を経て症状が表に出てくるまでの期間には、個人差があります。
しかしある程度正確な検査の結果を出すためには急に高熱が出始めてから大体12時間前後たった時に検査を受ける必要があるといわれています。

少し検査のタイミングが早過ぎたということで陰性という結果が出ても、後に陽性に変化する方もいるため、2回目の検査をするタイミングとしては検査を受けた翌日くらいに受けてみるというのが良いと言われています。
実際に医療機関によっては翌日にもう一度来てくださいと言われる場合もあります。
もし言われなかったとしても心配な場合は自主的にもう一度調べてもらうのが良いでしょう。

注意しなければいけないのは、インフルエンザの薬を飲む場合、発症してから48時間以内に服用しなければ十分な効果を発揮しないということです。
そういう意味では2回目にまたインフルエンザかどうかをチェックしてもらうためには発症してから48時間以内に受けてみるというのが良いです。
最初にインフルエンザかどうかということを調べるタイミングもできれば発症してから12時間前後の時が結果も正確に出やすいといえます。

十分に時間がたってから調べてもらっても陰性という結果であれば、それはインフルエンザではなく、他の病気である可能性が高いため、医師と相談してみる必要が出てくるでしょう。
急に高熱が出る病気ですとインフルエンザ以外にも肺炎や急性扁桃炎、細菌性髄膜炎などいくつかあります。
こういった病気の場合、それぞれの病気独自の症状も同時に出ていることが多いため、医師には自分が感じる症状をできるだけ詳しく伝えるようにしたほうがいいです。