インフルエンザが治ったらいつから外出しても良い?

インフルエンザにかかった時に熱が下がると治ったと思い、早く外出や会社への出勤や学校へ登校したいと考える人もいるかもしれません。
インフルエンザは自分以外の人に感染する可能性が高いため、しっかりと完治させてから会社への出勤、外出や登校する必要があります。
インフルエンザは、インフルエンザウィルスが身体の中で増えて発熱、喉の痛みなどの症状を引き起こす感染症です。
一度かかったインフルエンザのウィルスには抵抗する力がつくため、以前から流行している季節のインフルエンザには免疫を持っていることが殆どです。
しかし新型ウィルスは季節性のものと構造が大きく違っているため、免疫力を持っていない人が多く、感染しやすいインフルエンザウィルスです。

インフルエンザの症状は風邪に似ていますが、風邪に比べると発熱すると高熱で、喉の痛み以外にも関節痛や筋肉痛などを伴う症状があります。
風邪はゆっくりと症状があらわれますが、インフルエンザは急激に症状がでるため、部分的ではなく全身に倦怠感があらわれることも多いです。
インフルエンザウィルスの潜伏期間は1~4日程度で平均2日です。
多くは1週間程度で治りますが、乳児や高齢者などは肺炎を併発したり、何か疾患を持っている場合には疾患が悪化する可能性があります。
感染が疑われる場合は、風邪と安易に自己判断せずに早めに医療機関を受診することが大切です。

発症してから48時間以内に抗ウィルス薬の服用や吸引をすることで症状は軽減し早く完治することが期待できます。
早めに完治させることは自分自身の身体への負担を減らせるだけではなく、他の人への感染を広げないということにも繋がります。
感染が疑われる場合は医療機関を受診して治療を行ないますが、自宅でできることは安静にして休養をとることです。
しっかりと睡眠をとって休みます。

また部屋の温度を18~20度、湿度を50~60%程度に保つことも大切です。
水分を十分に補給することも必要なことです。

インフルエンザでも熱が無ければ外出しても良い?

インフルエンザは薬などの投与により熱が下がると身体の負担も少なくなり、完治した気分になって外出したくなりますが、熱がなくても注意が必要です。

インフルエンザウィルスは解熱後2日が経過し、かつ発症後5日目までは感染力があると一般的にはいわれています。
これは学校保険安全法で定められた外出禁止期間です。
熱が下がるとと完治したと思いがちですが、発症後5日間かつ解熱後2日間はまだ感染力がある期間のため、外出だけではなく学校への登校や会社への出勤は、控えた方が良いでしょう。

インフルエンザは解熱するとウィルスが排出される量は減りますが、完治したという訳ではありません。
解熱後にもウィルスを排出する場合があるので、熱が下がったからと外出すると他の人にうつすこともあるため、完全にウィルスを排出し終わるまで外出は控えます。
また咳やくしゃみなどがでる場合はマスクをして周囲の人にうつさないように配慮します。

インフルエンザに感染した場合にはしっかりと完治するまで治療することが必要ですが、かからないようにすることも大切なことです。
主な感染経路は、咳やくしゃみによる飛沫感染です。
飛沫を浴びないようにすることで感染する機会は減少することが考えられます。
インフルエンザに感染していても症状がでない場合もあり、感染していることに気づかずに風邪をひいたかもしれないと思うケースも少なくありません。
そのため、咳やくしゃみがある人がマスクをすることは必須ですが、感染しないためにもマスクをするのは良いことです。

外出から帰ったら流水で石鹸による手洗いは必須ですが、アルコール製剤による消毒も良い方法です。
空気の乾燥もインフルエンザに感染しやすくなる原因のため、加湿器などで50~60%の湿度に保つようにし、身体の抵抗力を高めるために休養と栄養バランスのとれた食事をするように心がけると良いでしょう。